ジュニパー、セキュリティ機能をルータOS「JUNOS」に統合NEWS

セキュリティアプライアンスに搭載される「ScreenOS」のセキュリティ機能を統合したモジュラー型ネットワークOSの最新バージョン「JUNOS 9.0」をリリース。

2008年03月18日 20時13分 公開
[TechTarget]

 ジュニパーネットワークスは3月18日、同社のルータ機器などに搭載されるモジュラー型共通OSの最新バージョン「JUNOS 9.0」をリリース、サービスルータ「Jシリーズ」に搭載すると発表した。

 JUNOS 9.0では、同社のセキュリティアプライアンス「NetScreenシリーズ」「SSGシリーズ」「ISGシリーズ」に搭載されているファイアウォール/IPsec VPNデバイス用OS「ScreenOS」のセキュリティ機能の一部を統合。ルータのセキュリティレベルを向上するだけでなく、ルーティングとセキュリティの機能を統合することでシステム更新などのメンテナンスを簡便化することができる。

 新たにJUNOS 9.0を搭載したJシリーズは、「J2320」「J2350」「J4350」「J6350」の4機種(価格はすべてオープン価格)。ScreenOSのステートフルファイアウォール機能を実装しており、DoS(サービス妨害)攻撃などの外部からの脅威からネットワークを保護するほか、簡単な設定でIPsec VPNを構築できる。また、クラスタリングやシステムレベルでの障害回復機能に対応しており、機器やサービスの障害発生時でもネットワーク接続を維持できるという。

画像 J2320

 なおScreenOSは、今後もセキュリティアプライアンスの専用OSとして、JUNOSとは別個にアップデートが行われていく予定。

関連ホワイトペーパー

ルータ | ファイアウォール | VPN


ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...