2008年03月18日 20時13分 UPDATE
ニュース

NEWSジュニパー、セキュリティ機能をルータOS「JUNOS」に統合

セキュリティアプライアンスに搭載される「ScreenOS」のセキュリティ機能を統合したモジュラー型ネットワークOSの最新バージョン「JUNOS 9.0」をリリース。

[TechTarget]

 ジュニパーネットワークスは3月18日、同社のルータ機器などに搭載されるモジュラー型共通OSの最新バージョン「JUNOS 9.0」をリリース、サービスルータ「Jシリーズ」に搭載すると発表した。

 JUNOS 9.0では、同社のセキュリティアプライアンス「NetScreenシリーズ」「SSGシリーズ」「ISGシリーズ」に搭載されているファイアウォール/IPsec VPNデバイス用OS「ScreenOS」のセキュリティ機能の一部を統合。ルータのセキュリティレベルを向上するだけでなく、ルーティングとセキュリティの機能を統合することでシステム更新などのメンテナンスを簡便化することができる。

 新たにJUNOS 9.0を搭載したJシリーズは、「J2320」「J2350」「J4350」「J6350」の4機種(価格はすべてオープン価格)。ScreenOSのステートフルファイアウォール機能を実装しており、DoS(サービス妨害)攻撃などの外部からの脅威からネットワークを保護するほか、簡単な設定でIPsec VPNを構築できる。また、クラスタリングやシステムレベルでの障害回復機能に対応しており、機器やサービスの障害発生時でもネットワーク接続を維持できるという。

画像 J2320

 なおScreenOSは、今後もセキュリティアプライアンスの専用OSとして、JUNOSとは別個にアップデートが行われていく予定。

関連ホワイトペーパー

ルータ | ファイアウォール | VPN


ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。