2008年04月24日 19時21分 公開
ニュース

ソニックとデータディレクト、メインフレーム資産をSOAで有効活用するソリューション

両社製品「Sonic ESB」と「DataDirect Shadow RTE」の連携により、IBMメインフレーム上の資産に透過的にアクセスできるようになる。

[TechTargetジャパン]

 ソニック ソフトウェアとデータディレクト テクノロジーズは4月24日、両社製品「Sonic ESB」と「DataDirect Shadow RTE」の組み合わせにより、「メインフレーム−SOAインテグレーション」のためのソリューションを推進していくと発表した。

 ソニック ソフトウェアのSonic ESBは、エンタープライズサービスバス(ESB)を実装し、異なるシステム同士の接続とリアルタイムデータ連携を可能にするアプリケーション統合のためのミドルウェア。また、データディレクト テクノロジーズのDataDirect Shadow RTEは、IBMのメインフレーム「System z」プラットフォーム上に格納されているデータやアプリケーションへの高度なアクセスを提供するメインフレーム連携プラットフォーム。

 両製品によるメインフレーム−SOAインテグレーションは、メインフレーム側のプログラムは変更せずにSonic ESBを基盤とするオープンシステムと容易に接続でき、メインフレームのCPUリソースに掛かるランニングコストも抑制するという。また、メインフレーム連携のための開発・保守コストの削減や、メインフレームの独自なユーザーインタフェースを意識しないWebサービスからのアクセス、SQLによるダイレクトなデータアクセス、リアルタイムなイベント情報の捕捉と配信、Webインタフェース対応など、さまざまな要件をサポートするとしている。

 今後は両製品の導入先へのアドオン販売に加え、IBMメインフレーム系の代理店/システムインテグレーター、オープンシステムへのマイグレーションビジネスにかかわるベンダーなどをパートナーとするチャンネル戦略を推し進める方針だ。

関連ホワイトペーパー

メインフレーム | SOA | ライフサイクル | ミドルウェア


ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...