2008年04月24日 19時21分 UPDATE
ニュース

ソニックとデータディレクト、メインフレーム資産をSOAで有効活用するソリューション

両社製品「Sonic ESB」と「DataDirect Shadow RTE」の連携により、IBMメインフレーム上の資産に透過的にアクセスできるようになる。

[TechTargetジャパン]

 ソニック ソフトウェアとデータディレクト テクノロジーズは4月24日、両社製品「Sonic ESB」と「DataDirect Shadow RTE」の組み合わせにより、「メインフレーム−SOAインテグレーション」のためのソリューションを推進していくと発表した。

 ソニック ソフトウェアのSonic ESBは、エンタープライズサービスバス(ESB)を実装し、異なるシステム同士の接続とリアルタイムデータ連携を可能にするアプリケーション統合のためのミドルウェア。また、データディレクト テクノロジーズのDataDirect Shadow RTEは、IBMのメインフレーム「System z」プラットフォーム上に格納されているデータやアプリケーションへの高度なアクセスを提供するメインフレーム連携プラットフォーム。

 両製品によるメインフレーム−SOAインテグレーションは、メインフレーム側のプログラムは変更せずにSonic ESBを基盤とするオープンシステムと容易に接続でき、メインフレームのCPUリソースに掛かるランニングコストも抑制するという。また、メインフレーム連携のための開発・保守コストの削減や、メインフレームの独自なユーザーインタフェースを意識しないWebサービスからのアクセス、SQLによるダイレクトなデータアクセス、リアルタイムなイベント情報の捕捉と配信、Webインタフェース対応など、さまざまな要件をサポートするとしている。

 今後は両製品の導入先へのアドオン販売に加え、IBMメインフレーム系の代理店/システムインテグレーター、オープンシステムへのマイグレーションビジネスにかかわるベンダーなどをパートナーとするチャンネル戦略を推し進める方針だ。

関連ホワイトペーパー

メインフレーム | SOA | ライフサイクル | ミドルウェア


ITmedia マーケティング新着記事

news086.jpg

Domoが企業のデジタル変革に向けた機能強化、データから導かれるインサイトをAIが自動提案
データサイエンス、AI/機械学習、大企業向けガバナンス、新アプリとIoTソリューションの...

news062.jpg

藤田 晋社長がAbemaTVに挑む背景 広告業界における「一番クリティカルな問題」とは?
「何を言われても執念深く最後までやり切ろうと思っている」。藤田 晋社長は広告代理店向...

news022.jpg

「オンラインで完全なプライバシー確保は不可能」と考えている人が過半数――カスペルスキー調べ
日本を含む世界21カ国を対象に実施した、オンラインにおける個人のプライバシーに関する...