2008年07月03日 17時51分 公開
ニュース

七十七銀行、東北地区初となるネットバンキングEdyチャージサービスを開始NEWS

日立の「ネットバンキング共同センタサービスFINEMAX」とOKIの「Edyチャージソリューション」をベースにした「ネットバンキングEdyチャージサービス」を採用した。

[TechTargetジャパン]

 日立製作所と沖電気工業(OKI)は7月3日、七十七銀行に対し、「おサイフケータイ」利用者が銀行口座からプリペイド型電子マネーEdyのオンラインチャージができる「ネットバンキングEdyチャージサービス」の提供を開始した。サービス開始は8月を予定している。

 ネットバンキングEdyチャージサービスは、既存のモバイルバンキングシステムを変更することなくおサイフケータイへのEdyチャージ(入金)を実現する金融機関向けASPサービス。日立の「ネットバンキング共同センタサービスFINEMAX」とOKIの「Edyチャージソリューション」をベースに実現したサービスで、両社共にASPでサービスを提供するため、金融機関は新たにネットバンキングシステムやEdyチャージ機能を開発することなく、短期間・低コストでEdyチャージサービスの導入・運用が可能だ。

画像 ネットバンキングEdyチャージサービスのサービス概要

 七十七銀行では地域におけるEdy利用の拡大を受け、Edyチャージサービスの実施による電子マネービジネスへの参入を検討。その結果、既存のモバイルバンキングシステムの変更を最小限に抑え、短期間でEdyチャージサービスを開始できることや、ネットバンキングEdyチャージサービスの実績を評価し、採用を決定した。東北地区で本サービスを開始するのはを七十七銀行が初めて。

関連ホワイトペーパー

ASP | 日立製作所 | RFID


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...