2008年07月03日 17時51分 UPDATE
ニュース

NEWS七十七銀行、東北地区初となるネットバンキングEdyチャージサービスを開始

日立の「ネットバンキング共同センタサービスFINEMAX」とOKIの「Edyチャージソリューション」をベースにした「ネットバンキングEdyチャージサービス」を採用した。

[TechTargetジャパン]

 日立製作所と沖電気工業(OKI)は7月3日、七十七銀行に対し、「おサイフケータイ」利用者が銀行口座からプリペイド型電子マネーEdyのオンラインチャージができる「ネットバンキングEdyチャージサービス」の提供を開始した。サービス開始は8月を予定している。

 ネットバンキングEdyチャージサービスは、既存のモバイルバンキングシステムを変更することなくおサイフケータイへのEdyチャージ(入金)を実現する金融機関向けASPサービス。日立の「ネットバンキング共同センタサービスFINEMAX」とOKIの「Edyチャージソリューション」をベースに実現したサービスで、両社共にASPでサービスを提供するため、金融機関は新たにネットバンキングシステムやEdyチャージ機能を開発することなく、短期間・低コストでEdyチャージサービスの導入・運用が可能だ。

画像 ネットバンキングEdyチャージサービスのサービス概要

 七十七銀行では地域におけるEdy利用の拡大を受け、Edyチャージサービスの実施による電子マネービジネスへの参入を検討。その結果、既存のモバイルバンキングシステムの変更を最小限に抑え、短期間でEdyチャージサービスを開始できることや、ネットバンキングEdyチャージサービスの実績を評価し、採用を決定した。東北地区で本サービスを開始するのはを七十七銀行が初めて。

関連ホワイトペーパー

ASP | 日立製作所 | RFID


ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。