2008年07月25日 19時13分 公開
ニュース

ITL、J-SOX法対応の内部統制運用評価・監査支援ツールを発売NEWS

内部統制運用評価・監査支援ツール「TAMIC」を9月15日より販売。内部統制の運用評価と監査テスト作業の進ちょく管理、内部統制報告書作成支援までをサポートする。

[TechTarget]

 アイ・ティ・エルは7月25日、日本版SOX法に対応した内部統制運用評価・監査支援ツール「TAMIC」を発表した。9月15日より販売を開始する。

 TAMICは内部統制の運用評価と監査テスト作業の進ちょく管理から内部統制報告書作成支援までをサポートした日本版SOX法対応支援ツール。テストや評価作業などの詳細な進ちょく管理や、作業遅延に対するアラーム表示、電子メールによる督促管理が可能となっている。テスト結果から作成した分析用データにより、さまざまな切り口で照会画面・リポートなどを出力し、内部統制報告書作成を作成できる。

画像 テスト情報入力画面《クリックで拡大》

 また、Excel、VisioやiGrafx、専用文書化ツールで作成した文書からRCM(Risk Control Matrix)情報をインポートし、内部統制基本情報データベースに登録する文書連携機能を搭載。内部統制基本情報は各種照会画面で照会が可能だ。

 価格は基本モジュール(1サーバライセンス、50ユーザーまで)が300万円。

関連ホワイトペーパー

内部統制 | SOX法 | コンプライアンス


ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...