デル、拡張性の高いiSCSI/8Gbps FC対応ミッドレンジストレージ新製品NEWS

「Dell/EMC CX3-10c」の後継機種となる「Dell/EMC CX4ファミリ」を発表。従来の2倍の拡張性とパフォーマンスを実現するとともに、UltraFlexにより必要に応じた拡張が可能だ。

2008年08月12日 17時32分 公開
[TechTargetジャパン]

 デルは8月12日、マルチプロトコルに対応したミッドレンジストレージシステム「Dell/EMC CX4ファミリ」を発表した。

画像 Dell/EMC CX4-120

 Dell/EMC CX4ファミリは「Dell/EMC CX3-10c」の後継機種となる第4世代製品。従来製品の2倍に相当する最大960台までのドライブが搭載可能だ。対応ホスト数やI/O、拡張性の異なる以下の4モデルで構成される。価格はすべて個別見積もりとなる。

製品名 システムメモリ 接続性 拡張性
Dell/EMC CX4-120 最大6GB 128台の高可用性ホスト
合計6個のI/Oスロット(4台のUltraFlexベースモジュール+1組のオプションペア)
120台のドライブまで拡張可能
Dell/EMC CX4-240 最大8GB 256台の高可用性ホスト
合計8個のI/Oスロット(4台のUltraFlexベースモジュール+2組のオプションペア)
240台のドライブまで拡張可能
Dell/EMC CX4-480 最大16GB 256台の高可用性ホスト
合計10個のI/Oスロット(6台のUltraFlexベースモジュール+2組のオプションペア)
ソリッドステートフラッシュドライブ(※)含む480台のドライブまで拡張可能
Dell/EMC CX4-960 最大32GB 512 台の高可用性ホスト
合計12個のI/Oスロット(6台のUltraFlexベースモジュール+3組のオプションペア)
ソリッドステートフラッシュドライブ(※)含む960台のドライブまで拡張可能

(※)ソリッドステートフラッシュドライブ(半導体ディスク)には2008年10月以降に対応予定。

 Dell/EMC CX4ファミリは最新のUltraFlexテクノロジーを搭載し、導入時または将来的に拡張が必要になった場合にも、ネットワーク間の接続に必要なポートを個々のニーズに合わせてカスタマイズ可能。4Gbpsファイバーチャネル(FC)や1Gbps iSCSIポートを設定できるだけでなく、8Gbps FCや10Gbps FC over Ethernetのような新しいI/Oモジュールも追加可能だ。また、CXストレージファミリ登場以来の管理インタフェースである「Navisphereマネージャ」を搭載している。

関連ホワイトペーパー

Dell | ストレージ | アベイラビリティ


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。