タイトーがCMS導入、数千ページの既存Webコンテンツの短期移行を実現NEWS

Webサイトコンテンツのリアルタイム更新、Webサイトデザインの統一を目的にCMS導入を検討。数千の既存コンテンツ移行が、専門技術者の常駐支援により短期間で実現した。

2008年08月21日 19時19分 公開
[TechTargetジャパン]

 アシストは8月21日、同社が国内総販売代理店を務めるCMS(Content Management System)製品「NOREN」(開発元:韓国I-ON COMMUNICATIONS)を、タイトーがWeb構築基盤として採用したことを発表した。

 タイトーでは従来、コンテンツの作成から公開までの一連業務を1つの部門が担当していたため、コンテンツ公開までに時間を要していた。また、各コンテンツは事業部門で独自に企画・運用されていたため、Webサイトデザインが部門ごとで異なるといった課題を抱えていた。そこで同社は、コンテンツのリアルタイム更新の実現と、ナビゲーションなども含めたWebサイトデザインの統一のためにCMSの導入を検討。NORENを選択した理由として、以下の5点を挙げている。

  1. データベースの柔軟な構造により、関連コンテンツの複雑な連携を自動化できる
  2. 使いやすいWebコンテンツ作成機能により、高度なWebスキルがなくとも更新作業ができる
  3. 数千ページに及ぶ既存コンテンツを短期間でNORENに移行できる
  4. テンプレートコンポーネントを自由に作成でき、かつWebサイト全体のデザイン統一ができる
  5. ページチェックおよび公開時のスムーズな承認経路設定により、リアルタイムなコンテンツアップができる
画像 タイトーのWebサイト

 特に既存コンテンツの移行については、短期間では不可能という他社CMSベンダーが多かった中で、アシストはIT系エンジニア専門の人材サービスを手掛けるテンプスタッフ・テクノロジーとパートナーシップを結び、WebおよびNORENに関する専門知識を持った技術者「NOREN Pro」を派遣し、コンテンツ移行支援を提案。短期間での移行作業の提案が含まれていたことが、NOREN採用の決定的なポイントとなったとしている。期間としては、NORENの導入からコンテンツ移行を含め、3カ月で完了した。現在も各事業部のWebサイトをNORENで随時展開するに当たり、NOREN Proがタイトーに常駐して展開支援を行っている。

関連ホワイトペーパー

CMS | データベース | 業務改善


ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。