EMC、重複除外処理を高速化したバックアップストレージの新製品を発表NEWS

EMCジャパンが、中規模データセンター向けの重複除外バックアップストレージ「EMC Data Domain DD670」を販売開始。従来製品と比べて最大2倍のデータ転送速度を発揮する。

2010年08月20日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 EMCジャパンは8月19日、重複除外バックアップストレージの新製品「EMC Data Domain DD670」(以下、DD670)の販売を開始した。

 DD670は、最大1.1Tバイト/時のデータ重複除外機能を備えた中規模データセンター向けバックアップストレージ製品。高性能なCPUを搭載することで、重複除外の処理速度を向上させた。また、重複除外を分散処理させるソフトウェア「EMC Data Domain Boost」を使用することで、最高5.4Tバイト/時という同社従来製品の2倍のデータ転送速度を発揮する。さらに、同日販売開始した容量拡張オプションである拡張シェルフ「ES20-32TB」を追加することで、従来の2倍のストレージ容量まで拡張できる。ES20-32TBを追加したDD670システムでは、最大2.7P(ペタ)バイトの論理容量をサポート。これにより、データセンターにおける消費電力や設置面積などを削減できる。

画像 EMC Data Domain DD670

 1つのDD670システムで最大90カ所からの複製データを長期保存することが可能で、バックアップやアーカイブ用途のほかにも災害復旧サイトとしても活用できるとしている。DD670の販売価格は2320万円から(税込み)。

 同社は今回の発表に伴い、DD670、その上位機種である「Data Domain 880」「EMC Data Domain Global Deduplication Array」に対応する、8ギガビットファイバーチャネルやフェイルオーバー対応の10ギガビットイーサネット接続オプションなども追加した。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...