2013年04月26日 08時00分 公開
特集/連載

1600万人ユーザーのSNSを手に入れたAmazon、ベゾス氏の狙いはソーシャル読書サービスを買収

ソーシャルネットワークはAmazonの世界制覇計画に欠けている部分だった。今、彼らはそれを手にいれた。ジェフ・ベゾス氏の判断が他社のサービスに与える影響とは。

[Karen Goulart,TechTarget]

 ソーシャル読書サービスのトップサイトである米Goodreadsを買収したことにより、米Amazon.comは、コミュニティーサービスを同社のメニューに追加できた。これはささやかな追加などではない。Goodreadsは1600万人の消費者を既に囲い込んでいるのだ。

 AmazonによるGoodreadsの買収は、開業したばかりのWebサイト「Bookish」への打撃となるだろうか。英Penguin Books、仏Hachette Livreおよび米Simon&Schusterという出版社が2年の準備期間を経てオープンさせたBookishは、出版社がバックにいる以外はかなりGoodreadsに似ている。Amazonの買収はBookishへの攻撃になるだけではなく、出版業界への全面攻撃のように見える。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...

news177.jpg

広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイル...