2013年06月21日 08時00分 公開
特集/連載

アプリストアには頼らない――モバイルアプリ社内開発の利点を聞いた企業向けモバイルアプリの開発と管理

企業向けアプリケーションの多くは、モバイル端末のアプリストアで提供される。だが、特定の業務プロセスを簡素化する必要がある場合は、社内で開発する方が適していることもある。

[Margaret Jones,TechTarget]

 現代のモバイル世界では、従業員が仕事のために利用できるアプリケーションやツールの相当量が端末のアプリストアで提供されている。しかし、特定のプロセスの簡素化が必要な場合、アプリストアで必要なものが入手できるとは限らず、社内でモバイルアプリを開発する方が適していることもある。確かにそのためのアプリは存在する。だが、特定の問題を解決するためには、恐らく自分でそれを開発しなければならない。

 企業向けモバイルアプリのニーズを見極めたら、それとは別に、モバイルの複雑な部分に取り組まなければならない。アプリをどうやってユーザーに配信するか、どのような配信オプションを用意するか、会社の細部をどうやって調べるのか、そしてそれを掘り起こす必要があるのか。企業向けモバイルアプリ開発を手掛ける米Propelicsのアダム・ブックマン氏に話を聞いた。

――従業員は現在、どのような企業向けアプリを使っているのでしょうか?

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。