VXLANの課題と今後のクラウドネットワーキング連載:クラウド基盤とネットワーク【第4回】

連載の最終回として、VXLANの実装における課題と、これを解決する製品を解説し、さらに今後のクラウドネットワークに影響を与える新技術を紹介する。

2013年08月08日 08時00分 公開
[藤田雄介, 細谷典弘, 田村勝,ネットワンシステムズ]

 前回の記事「VXLANとは何か、どう使われていくのか」では、VXLAN(Virtual eXtensible Local Area Network)の動作を解説した。VXLANにはさまざまなメリットがあるが、マルチキャストに対応した物理ネットワークが必要となる点が、導入の障壁となる場合も考えられた。

 今回は、「VMware vCloud Director」上でのVXLANの動作と、「Cisco Nexus 1000V」上でのVXLANの動作を解説する。また、最後にクラウド基盤のネットワークにおける将来像に関して触れていく。

VXLANを用いたVMware vCloud Directorのネットワーク機能

ITmedia マーケティング新着記事

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...

news182.jpg

モバイルゲームの最新トレンド 「ハイブリッドカジュアル」はなぜ好調なのか?
AdjustとAppLovinは共同で、モバイルビジネスとしてのモバイルゲームの最新トレンドやデ...

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...