2013年08月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

連載:クラウド基盤とネットワーク【第4回】VXLANの課題と今後のクラウドネットワーキング

連載の最終回として、VXLANの実装における課題と、これを解決する製品を解説し、さらに今後のクラウドネットワークに影響を与える新技術を紹介する。

[藤田雄介, 細谷典弘, 田村勝,ネットワンシステムズ]

 前回の記事「VXLANとは何か、どう使われていくのか」では、VXLAN(Virtual eXtensible Local Area Network)の動作を解説した。VXLANにはさまざまなメリットがあるが、マルチキャストに対応した物理ネットワークが必要となる点が、導入の障壁となる場合も考えられた。

 今回は、「VMware vCloud Director」上でのVXLANの動作と、「Cisco Nexus 1000V」上でのVXLANの動作を解説する。また、最後にクラウド基盤のネットワークにおける将来像に関して触れていく。

VXLANを用いたVMware vCloud Directorのネットワーク機能

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...