2013年10月31日 19時30分 公開
ニュース

企業向けNASシリーズの新モデルを販売開始、フォースメディアNEWS

フォースメディアがSAS HDを搭載可能なラックマウント型のNAS製品群「QNAP TurboNASシリーズ」の3機種を販売開始。同時に製品の導入前評価や性能測定などに活用できる検証センターも開設した。

[TechTargetジャパン]

 フォースメディアは2013年10月30日、NAS(Network Attached Storage)製品群「QNAP TurboNASシリーズ」(開発元:台湾QNAP Systems)の新機種の販売を開始した。

 今回販売を開始したのは、SAS(Serial Attached SCSI) HDDを搭載したラックマウント型NASの3モデル。2.5インチ搭載専用の24ベイモデル「SS-EC2479U-SAS-RP」(2Uサイズ)と、2.5インチ/3.5インチの両ドライブを搭載可能な12ベイモデル「TS-EC1279U-SAS-RP」(2Uサイズ)、16ベイモデル「TS-EC1679U-SAS-RP」(3Uサイズ)の2機種だ(画像)。

photo 画像 QNAP TurboNASシリーズの3モデル。左から「SS-EC2479U-SAS-RP」「TS-EC1279U-SAS-RP」「TS-EC1679U-SAS-RP」

 ハードウェアは、CPUに「Intel Xeon 3.4GHzクアッドコアプロセッサ」を採用。「DDR3 ECC RAM」を8Gバイト搭載し、最大32GバイトまでRAMの増設が可能だ。LANポートはギガビットイーサネット(GbE)を4ポート、オプションで10GbEカードを追加できる。また、最新OS「QTS4.0」を搭載。RAID拡張エンクロージャーを最大8台まで増設可能で、500Tバイトを超えるストレージ容量を実現。複数のRAIDグループを束ねたストレージプールを構築し、その上で複数のボリュームやLUN(論理ユニット)を作成できる。

 今回の新シリーズでは運用管理機能も強化。搭載された個々のHDDのステータスを視覚化して、その状態を一覧把握できるようになった。さらにソリッドステートドライブ(SSD)キャッシュによるI/Oアクセスの高速化や、「vStorage API for Array Integration」(VAAI)や「Microsoft Hyper-V ODX」など仮想化環境との連携を強化した。

 フォースメディアによると、新シリーズは企業の基幹インフラや教育機関、研究機関などでの利用にも適しているという。同日、フォースメディアはQNAP TurboNASシリーズの導入前評価や、各種オプションを含めた性能測定などに活用できる「QNAP検証センター」を開設した。

ITmedia マーケティング新着記事

news171.jpg

1位「Walmart」、2位「Amazon.com」 デロイト トーマツが世界の小売業ランキング2021発表
Amazon.comが前年から順位を上げ、Walmartに次いで2位に躍進。日本企業でトップ250入りし...

news027.jpg

SDGsとマーケティングと愛される企業の在り方を考える
本連載では経営とマーケティングの視点で見た「企業とSGDs」をテーマに、私たちの考えて...

news166.jpg

在日中国人女性に聞いた「小紅書(RED)」利用実態――アライドアーキテクツ調査
中国の大人気SNS「小紅書(RED)」。回答者の約97%がREDの口コミを参考にして商品購入や...