2013年11月14日 08時00分 公開
特集/連載

Xtreme Labs買収で新展開か社内システムのモバイル化を手助け、Pivotalの買収戦略を解き明かす

米Pivotalはモバイルプラットフォーム開発会社のXtreme Labsを買収し、同社のツールを自社の製品ポートフォリオに組み入れる構えだ。これは、社内にモバイル担当を置けない小規模のIT部門にとって有用な取り組みになりそうだ。

[Mike Anderson,TechTarget]

 エンタープライズモバイルが事業運営において果たす役割が拡大するにつれ、モバイル戦略を策定し、堅実に運用できるモバイルプラットフォームを用意することがますます重要になった。

 米Pivotalはこのニーズを認識し2013年10月、カナダのXtreme Labsを買収した。Xtreme Labsは、企業向けのモバイルプラットフォームを設計および開発しており、顧客にはFortune 500企業も複数含まれている。

 買収額など取引の詳細は公表されていない。

 今回の買収で、Pivotalは新たなツールを製品群に迎え入れ、Xtreme Labsは資金力のある企業の支援を獲得することになる。だが、この恩恵を最も受けるのは、社内にエンタープライズモバイルを扱える人員がいない企業のIT部門かもしれない。

 Xtreme Labsのモバイル開発戦略と、Pivotalのアプリケーション・データインフラを組み合わせれば、モバイルプラットフォームを導入するツールを顧客に提供できると、業界ウオッチャーは話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...