2014年04月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド運用管理ツール製品紹介:SCSKOSSも提供、ハイブリッドクラウド管理の先駆者「PrimeCloud Controller」

クラウド管理ツールとしては比較的長い歴史を持つ、SCSKの「PrimeCloud Controller」を紹介する。2014年3月にはOSS版を提供開始した。5つの特徴に加え「RightScale」との違いにも注目だ。

[三浦優子]

 日本のクラウド市場は本格的な普及期を迎えている。初期の先行ユーザーが導入する段階を終え、企業が評価を行った上で、クラウドの業務利用を始めようとしている。

 調査会社であるIDC JapanのITサービス リサーチ マネージャーの松本 聡氏は2013年のクラウド市場をこう分析する。「2013年は、企業ユーザーがクラウドを本格的に利用する環境が整った年となった」(参考:ユーザー企業のクラウド利用は「リビルド」から「リホスト」へ)。

 こうした市場の変化を受け、クラウドを利用するための管理ツールのニーズが日本でも増加している。この連載では、主要なクラウド管理ツールを紹介するとともに、クラウド市場でユーザーからどんなニーズが上がってきているのかを紹介する。

 第1回は、リリースが2010年とクラウド管理ツールとしては長い歴史を持つ、SCSKの「PrimeCloud Controller」を紹介する。

百数十社の声を聞いて開発

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...

news020.jpg

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

news028.jpg

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...