2014年04月03日 08時00分 公開
特集/連載

「私物iPadを社内で使いたい」という上司への正しい返事の仕方「ご冗談を」はまずい 必要なのはポリシー

多くの企業でもはや避けられなくなっているBYOD(私物端末の業務利用)。新しいもの好きのトップからBYODの採用が始まることも多い。現場はBYOD導入を前に何をすべきだろうか。

[Robert Lemos,TechTarget]

 多くのITセキュリティ担当者と同じように、キャンディス・アレクサンダー氏が初めて「従業員の私物端末への対応」を迫られたのは、職場に米Appleの「iPad」を持ち込んできた上司に「社内ネットワークに接続できるようにしてほしい」と頼まれたときのことだった。

 「ご冗談でしょう?」 米ヘルスケア企業Long Term Care Partnersで当時ITセキュリティ管理者を務めており、後に最高情報セキュリティ責任者(CISO)に就任したアレクサンダー氏は最初、そう思ったという。だが同氏は、そうした要望への対処方法をいずれは見つけなければならないことにすぐに思い至った。「ビジネスの世界では、いつでもすぐにデータを入手できる状態を常に保たなければならなくなっている。ITの担当者として、われわれはこうしたニーズにも対応できなければならない」と、現在は情報セキュリティとポリシーの分野でコンサルタントを務めるアレクサンダー氏は語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...