2014年05月08日 15時00分 公開
特集/連載

8インチ「Surface Mini」登場の可能性、身構える競合ベンダーの反応は「iPad mini」「Nexus 7」と真っ向勝負

米Microsoftが8インチの小型タブレット「Surface Mini」を発表するとうわさされている。Windowsを搭載する小型タブレットは人気急騰中だが、Surface Miniはパートナー企業と競合するような製品になりかねない。

[Ed Hardy,TechTarget]
Microsoftが送付した招待状

 米Microsoftは間もなく、より低価格で小型モデルの「Surface」タブレットを発表するのだろうか?

 一部の業界筋は、Microsoftが「Surface Mini」と呼ばれる小型タブレット製品の投入を計画していると考えている。しかし、そのいずれも推測の域を出ないのが現状である。Surface Miniには、8インチのディスプレーと「Windows RT 8.1」が搭載されるといわれている。なお、フルサイズの「Surface Pro 2」タブレットでは、通常版のWindowsが動作する。

MicrosoftがSurfaceタブレット関連のイベントを開催予定

 Microsoftは、Surfaceタブレットに関するイベントを5月20日(現地時間)に開催する予定。招待状には「small gathering」と書かれており、同社タブレットの小型モデルを予示しているのではないかと、一部で注目を集めている。

 Windows搭載タブレットの中でも、最も値ごろ感のあるミドルサイズ機は一番の売れ筋である。Surfaceの小型モデルは、「ASUS VivoTab Note 8」や「Dell Venue Pro 8」といった同サイズのタブレット製品と競合になるだろう。

 とはいえ、うわさが真実であれば、Windows RTを搭載する8インチタブレットは、Surface Miniのみということになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...