2014年07月31日 08時00分 公開
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイド私物スマホの業務利用、うまくいく企業 ダメな企業

使い慣れたスマホで業務効率UPと注目のBYOD(私物端末の業務利用)は、IT部門の新たな悩みの種。管理が緩いとセキュリティが不安だし厳し過ぎると使いにくい。BYODを成功に導くポイントとは?

[TechTargetジャパン]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device)


クリックでダウンロードページへ

 従業員が私物として使う端末を業務にも活用しようという「BYOD」。企業と従業員の双方にメリットをもたらすといわれ、新たなトレンドとして注目されている。だが実際に運用するとなると、まだまだ課題は多い。万全なセキュリティ対策と強過ぎる管理者権限は、BYODの利用意欲を削ぐことにつながりかねない。“1億総モバイル時代”にIT担当者は何をするべきなのだろうか。

 BYODに関するTechTargetジャパンの人気記事を再編集した本資料では、米Sony Pictures Entertainmentの事例を軸に、セキュリティポリシーと従業員のモチベーションのバランスについて論じている。また外部の脅威からデバイスを保護するためにIT担当者としてとり得る対策をシチュエーション別に紹介している。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。