2014年11月11日 15時00分 公開
特集/連載

「Windows XP」移行にお勧め、USBメモリ起動のLinuxを試す15年以上Linuxで過ごしてきた筆者が解説

新しいOSを手軽に試してみよう。LinuxをUSBメモリから起動して使ってみることが、「Windows XP」を「Xubuntu」のようなオープンソースデスクトップに置き換える第一歩になる。

[Rob Reilly,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | OS | Windows 8 | Linux


 「Windows XP」は、きちんと機能する成熟して安定したOSとして人気があった。しかし、米Microsoftがサポートを終了したため、ユーザーはどのOSに移行するかを考えなければならなくなった。最新OS「Windows 8」はユーザーインタフェースなどへの批判が多く、次期OS「Windows 10」の出来を見極めようと様子見をしているユーザーもいるようだ。

 そこで本稿では、Linux OSの「Xubuntu」をお勧めしたい。この「Ubuntu」ファミリーのLinuxディストリビューション(配布パッケージ)は、軽量でパフォーマンスが高い。デスクトップ環境として「Xfce」を採用しており、お望みとあればXP風の外観にすることもできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...