「セキュリティインテリジェンス」でセキュリティ対策はどう変わるのか?「ネットワークセキュリティ製品」を使い倒すには【最終回】

企業のセキュリティ対策で重要性が高まりつつあるのが「セキュリティインテリジェンス」だ。なかなか把握しにくいその実態と、効果的な活用に必要な「共有」の具体像を示す。

2015年03月20日 08時00分 公開
[小川直樹ジュニパーネットワークス]

 これまでの連載では、ネットワークセキュリティを中心とした最新のセキュリティ脅威の動向や対策製品/技術を紹介してきました。最終回となる今回は締めくくりとして、今後のセキュリティ対策で重要な視点となる「セキュリティインテリジェンス」を取り上げます。

実は目新しくない「セキュリティインテリジェンス」

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...