2015年06月12日 08時00分 公開
特集/連載

電子カルテ導入で医師が楽になるケース、ならないケース【連載コラム】医療ITの現場から

業務の効率化を期待して進める診療所のIT化。しかし、思ったほど効果がなかったり、かえって負担が増えてしまったりすることもある。医師が楽になるケースとならないケースの実例を紹介する。

[大西大輔,メディキャスト]

関連キーワード

電子カルテ | PACS | 医療IT


photo 2013年時点での診療所における電子カルテの導入率は23.8%。TechTargetジャパン記事「診療所向け電子カルテ市場、2017年には170億円まで拡大」より《クリックで拡大》

 メディプラザで「電子カルテのクラーク運用」を支援するサービスを開始して以降、電子カルテや診療予約システム、医用画像管理システム(PACS)などIT化が進んでいる診療所に訪問する機会が多くなりました。

 診療所がIT化を進める際、業務の効率化を期待します。しかし、実際に導入してみると思ったほど効果がなかったり、かえって負担が増えてしまったりといったケースもあるようです。そこで今回は、医師が楽になるケースとならないケースを、それぞれの現場の声を基に考えていくことにします。

楽にならないケース:スタッフに相談せず電子カルテを導入し、医師の負担が増大

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。