2015年08月03日 12時00分 公開
特集/連載

iPad用“脱獄不要マウス”も登場 「タブレットからのWindowsアプリ利用」が快適にモバイル端末でのWindowsアプリ利用が現実的に(2/2 ページ)

[Eric Klein,TechTarget]
前のページへ 1|2       

モバイル端末でのWindowsアプリ活用がもたらすメリット

 端末や場所、時間を問わず、従業員が作業できるようになれば、企業はより生産性、効率、満足度の高い環境を実現できる。そのため、モバイル端末にアプリケーションを配備する方法を再検討する重要性が高まっている。

 企業がモバイル化を済ませていなかったり、モバイル化について検討すらしていない基幹ビジネスアプリケーションは多数ある。そのようなビジネスアプリケーションのモバイル化が現実味を帯び始めているのだ。

 クライアントPCからモバイル端末へアプリケーションを移行するアプローチは複数存在する。現時点で、ひときわ人気が高いのは「リファクタリング」だ。これは、モバイル端末にアプリケーションをストリーミングし、タッチ操作向けにUIの一部を調整するプロセスである。もちろん、シンプルなアプリケーション仮想化でも十分なメリットを享受できる。

 こうしたアプローチの最も分かりやすいメリットは、データ漏えいのリスクを大幅に緩和できることだろう。情報は、従業員のモバイル端末ではなくデータセンターやクラウドに保存することになる。ID管理とアプリケーション仮想化を組み合わせて、どのアプリケーションに誰がいつアクセスしたのかを追跡すれば、セキュリティの大幅な強化が可能だ。

未来が現実に

 米Microsoftの「SharePoint」や米Oracle製品、独SAP製品など、豊富なメニューを備えたアプリケーションをモバイル端末で使用することは、極めて難しいといわれてきた。長い間、この類のアプリケーションでは、開発者がモバイル端末向けにアプリケーションを再構築しない限り、必要なレベルの操作性を実現することは、ほぼ不可能だったからだ。

画像 Citrix X1 MouseはiPadでも利用できるマウスだ(出典:シトリックス・システムズ・ジャパンの製品紹介ページ)《クリックで拡大》

 最近では、米Citrix Systemsや米VMwareなどの仮想化ベンダーが、IT部門がWindows用基幹アプリケーションのモバイル端末向けフロントエンドを開発する一助となる、ソフトウェア開発キットを提供している。Citrixに至っては、米Appleの「iPhone」「iPad」でのWindowsアプリケーション利用を最適化する「Citrix X1 Mouse」という専用マウスを発売している。

 ベンダー各社は、製品にGPUアクセラレーションを組み込む点でも大きく進歩している。現在では、Microsoftの「Microsoft Office」をはじめとする主要アプリケーションを仮想化し、ネイティブに近いパフォーマンスで実行できるようになっている。建設、医療、エンジニアリングなどの業界では、高度なグラフィック処理能力が必要なアプリケーションを使用することが多い。GPUアクセラレーションは、アプリケーションの操作性を充実させて高速化することで、その真価を発揮する。

 仮想化やストリーミング技術が今後も進化し続けるならば、高度なグラフィック処理能力が必要な複雑なレガシーアプリをモバイル化する企業がさらに増えるだろう。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...