近い将来に消えるかもしれない“IT運用職”、サーバレスの「NoOps」が拡大AWS Lambdaによる技術進化(1/2 ページ)

自動化と抽象化、クラウドサービスへのアウトソースによって、IT運用の必要性がなくなる――。「NoOps」と呼ばれる、こうした概念は何年も前から存在しているが、技術進化によって現実味が増してきた。

2016年06月07日 15時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]
ニューヨークで開催した「ServerlessConf」カンファレンスでは、「NoOps」の可能性を探る数多くの講演を行っている《クリックで拡大》

 IT運用者にとっては、まずクラウドコンピューティングが脅威となり、次にPaaS(Platform as a Service)が脅威となった。そして今、最新の脅威として、「サーバレスコンピューティング」が台頭しているとの見方がある。

 自動化と抽象化とクラウドサービス事業者へのアウトソースによって、IT運用の必要性は完全に排除できる。「NoOps」と関係者が呼ぶこうした概念は何年も前から存在しているが、IT運用という「職種」はまだ絶滅していない。だがもう時間の問題なのだろうか。

 2016年5月下旬に開催された「ServerlessConf」カンファレンスに出席した業界関係者やプレゼンターによれば、その答えは「イエス」のようだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...