2016年06月07日 15時00分 公開
特集/連載

近い将来に消えるかもしれない“IT運用職”、サーバレスの「NoOps」が拡大AWS Lambdaによる技術進化(1/2 ページ)

自動化と抽象化、クラウドサービスへのアウトソースによって、IT運用の必要性がなくなる――。「NoOps」と呼ばれる、こうした概念は何年も前から存在しているが、技術進化によって現実味が増してきた。

[Beth Pariseau,TechTarget]
ニューヨークで開催した「ServerlessConf」カンファレンスでは、「NoOps」の可能性を探る数多くの講演を行っている《クリックで拡大》

 IT運用者にとっては、まずクラウドコンピューティングが脅威となり、次にPaaS(Platform as a Service)が脅威となった。そして今、最新の脅威として、「サーバレスコンピューティング」が台頭しているとの見方がある。

 自動化と抽象化とクラウドサービス事業者へのアウトソースによって、IT運用の必要性は完全に排除できる。「NoOps」と関係者が呼ぶこうした概念は何年も前から存在しているが、IT運用という「職種」はまだ絶滅していない。だがもう時間の問題なのだろうか。

 2016年5月下旬に開催された「ServerlessConf」カンファレンスに出席した業界関係者やプレゼンターによれば、その答えは「イエス」のようだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...