2016年06月20日 15時00分 公開
特集/連載

データベースはなぜ遅くなる? パフォーマンス管理で知っておきたい5つの要素主要管理ツールを紹介(1/2 ページ)

データベースのパフォーマンス管理ツールを使用すると、ボトルネックと競合ポイントを特定し、ワークロードとスループットを監視できる。また、システムとデータベース管理システムのリソース使用状況も管理できる。

[Craig S. Mullins,TechTarget]
Database Accessories for IMS(出典:BMC Software)《クリックで拡大》

 データベースシステムの動作効率を確保することは、現代のIT管理における中核的な要件である。データベース管理者などのIT担当者が、データベース自体とデータベースにアクセスするアプリケーションのパフォーマンスを監視、管理、改善するのに役立つ各種ツールがある。だが、データベースのパフォーマンス管理ツールの必要性について検討する前に、まずデータベースパフォーマンスの定義を明確にすることが重要だ。

 概要レベルでは、データベースのパフォーマンスとは、データベース管理システム(DBMS)がユーザーに情報を提供する速さと定義できる。だが、データベースのパフォーマンスへの影響を理解するために、次の5つの要素を検討されたい。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...