データベースはなぜ遅くなる? パフォーマンス管理で知っておきたい5つの要素主要管理ツールを紹介(1/2 ページ)

データベースのパフォーマンス管理ツールを使用すると、ボトルネックと競合ポイントを特定し、ワークロードとスループットを監視できる。また、システムとデータベース管理システムのリソース使用状況も管理できる。

2016年06月20日 15時00分 公開
[Craig S. MullinsTechTarget]
Database Accessories for IMS(出典:BMC Software)《クリックで拡大》

 データベースシステムの動作効率を確保することは、現代のIT管理における中核的な要件である。データベース管理者などのIT担当者が、データベース自体とデータベースにアクセスするアプリケーションのパフォーマンスを監視、管理、改善するのに役立つ各種ツールがある。だが、データベースのパフォーマンス管理ツールの必要性について検討する前に、まずデータベースパフォーマンスの定義を明確にすることが重要だ。

 概要レベルでは、データベースのパフォーマンスとは、データベース管理システム(DBMS)がユーザーに情報を提供する速さと定義できる。だが、データベースのパフォーマンスへの影響を理解するために、次の5つの要素を検討されたい。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...