クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?特選プレミアムコンテンツガイド

共用のデータセンターやクラウドサービスにおいては、他の顧客がDDoS攻撃にさらされると、自社インフラにまで影響が及ぶ可能性がある。攻撃を完全に防ぐこと難しいが安全性を高めるために対策することは可能だ。

2016年06月24日 12時00分 公開
[TechTarget]
クラウド/共用データセンターの最大の脅威“DDoS攻撃”にどう対処する?

 クラウドに移行する企業は、可能な限り安全で高いセキュリティを備えたアーキテクチャを構築する必要がある。Cloud Security Alliance(CSA)のレポートでは、企業のクラウド環境に対して発生頻度が特に高い攻撃の1つが、分散型サービス拒否攻撃(DDoS攻撃)であることが明らかになっている。

 主要クラウドサービスである「Amazon Web Services」と「Microsoft Azure」は、DDoS攻撃にあわないためのクラウドアーキテクチャの設計方法といった対策を紹介している。このコンテンツでは、インフラチームとセキュリティチームが実装して、現在のクラウド環境でDDoS攻撃のリスクを緩和できる重要な概念を説明する。


ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...