2016年07月04日 15時00分 公開
特集/連載

SSDのボトルネック問題をあえてHDDで解決する大事なのは一点豪華ではなくバランス(2/2 ページ)

[Sonia Lelii,TechTarget]
前のページへ 1|2       

HDDなのに2〜3倍も向上

 InfinidatもMeitavと同じイスラエルの新興企業だ。Infinidatの規模は小さいが、創設者のモシェ・ヤナイ氏は、エンタープライズストレージアレイの「EMC Symmetrix」を開発したことで有名だ。

 「イスラエルは小さい国なので、皆が顔なじみだ。Meitavの幹部はInfinidatの製品が最適なソリューションになるかもしれないと考え、データセンターで概念実証を行った。とても厳しい計画的なテストでMeitavは幾つかの検証を実施したが、そこでは、アプリケーションに変更を加えることなくストレージへの入出力が最も多く、かつ最も遅いシステムを用いた」(サバー氏)

 サバー氏によると、この処理能力が低い検証用システムでもパフォーマンスが2〜3倍向上したという。「フェイルオーバーテストも行った。そして、Infinidatの製品は全てのテストに合格した」(サバー氏)

 Meitavは30台のデータベースサーバ、30〜40台のWebサーバ、それから数台のアプリケーションサーバを保有している。300TBのInfiniBoxストレージアレイに接続した十数台のCiscoサーバで約450台のVMware仮想サーバを実行している。

 Infinidatのストレージアレイにより、Meitavは6つのラックに配置していたストレージを1つに統合して、場所と電力、そしてなにより費用を節約できた。その結果、Meitavは新しいデータセンターに投資する必要がなくなった。

 「ITにはボトルネックが付き物だ。それはストレージに関する場合もあれば、ネットワークやアプリケーションに関する場合もある。2015年にMeitavはストレージに関する問題を抱えていない。現在直面している問題のほとんどは、インフラではなくアプリケーションに関するものだ。この問題を解決するポイントは、ストレージではなくデータベースへの対応だと考えている」とサバー氏は自身の見解を示している。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...