2016年09月02日 12時00分 公開
特集/連載

サービスとしての災害対策「DRaaS」にフラッシュクラウドストレージを性能重視で選ぶなら一択

組織がデータへのアクセス速度向上を必要とする場合、そしてコストを増やす余裕がある場合、ほとんどのプロバイダーがクラウドフラッシュストレージを提供している。

[George Crump,TechTarget]

 バックアップ用途あるいは普段使わないデータを保存するための大容量ストレージとして、クラウドを考えたことはあるだろうか。クラウドのアプリケーションを使う戦略はどうだろう。そうしたアプリケーションではクラウドストレージ性能の重要性が大きい。フラッシュクラウドストレージの利用も同様だ。

現実的な選択肢としてのフラッシュ

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...