2016年09月02日 12時00分 UPDATE
特集/連載

性能重視で選ぶなら一択サービスとしての災害対策「DRaaS」にフラッシュクラウドストレージを

組織がデータへのアクセス速度向上を必要とする場合、そしてコストを増やす余裕がある場合、ほとんどのプロバイダーがクラウドフラッシュストレージを提供している。

[George Crump,TechTarget]

 バックアップ用途あるいは普段使わないデータを保存するための大容量ストレージとして、クラウドを考えたことはあるだろうか。クラウドのアプリケーションを使う戦略はどうだろう。そうしたアプリケーションではクラウドストレージ性能の重要性が大きい。フラッシュクラウドストレージの利用も同様だ。

現実的な選択肢としてのフラッシュ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。