2016年09月02日 12時00分 公開
特集/連載

サービスとしての災害対策「DRaaS」にフラッシュクラウドストレージを性能重視で選ぶなら一択

組織がデータへのアクセス速度向上を必要とする場合、そしてコストを増やす余裕がある場合、ほとんどのプロバイダーがクラウドフラッシュストレージを提供している。

[George Crump,TechTarget]

 バックアップ用途あるいは普段使わないデータを保存するための大容量ストレージとして、クラウドを考えたことはあるだろうか。クラウドのアプリケーションを使う戦略はどうだろう。そうしたアプリケーションではクラウドストレージ性能の重要性が大きい。フラッシュクラウドストレージの利用も同様だ。

現実的な選択肢としてのフラッシュ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...