2016年09月02日 12時00分 公開
特集/連載

サービスとしての災害対策「DRaaS」にフラッシュクラウドストレージを性能重視で選ぶなら一択

組織がデータへのアクセス速度向上を必要とする場合、そしてコストを増やす余裕がある場合、ほとんどのプロバイダーがクラウドフラッシュストレージを提供している。

[George Crump,TechTarget]

 バックアップ用途あるいは普段使わないデータを保存するための大容量ストレージとして、クラウドを考えたことはあるだろうか。クラウドのアプリケーションを使う戦略はどうだろう。そうしたアプリケーションではクラウドストレージ性能の重要性が大きい。フラッシュクラウドストレージの利用も同様だ。

現実的な選択肢としてのフラッシュ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

TableauにSalesforce Einstein Analyticsが完全統合してこれから変わること
セールスフォース・ドットコムとTableau Softwareは両社の製品統合の詳細について、いよ...

news174.jpg

Cookieによるユーザー行動分析を日常的に実施する広告宣伝担当者が10.5%減――サイカ調査
企業の広告宣伝担当者290人に聞いた「Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査」...

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...