2016年09月24日 07時00分 公開
特集/連載

斜め上の発想を実現した“分類不能”な「Lenovo Yoga Book」、その使用法はパネル面がキーボードになる

「Lenovo Yoga Book」は今までに見たことがない技術の組み合わせを搭載した2in1端末だ。ワコムの技術を採用したペンタブレットのパネルはキーボードにもなる。「IFA 2016」の実機インプレッションを紹介する。

[Dragan Petric,TechTarget]
Lenovo Yoga Book Lenovo Yoga Book《クリックで拡大》

 Lenovoは、2016年9月上旬にベルリンで開催された「IFA 2016」(国際コンシューマーエレクトロニクス展)で、かつてないほど革新的な製品を発表した。それは「Lenovo Yoga Book」(以下、Yoga Book)だ。外観はタブレットによく似ているが、Yoga Bookは分類不能なフォームファクターを採用している。

 市場に出回っている優秀なタブレットからインスピレーションを得て、独自のひねりを加えることで、Lenovoは、新しさ、潜在的な実用性、有益さを兼ね備えたコンセプトを生み出すことに成功している。IFA 2016の参加者は、Yoga Bookのとりこになっているようだった。というのも、Yoga BookはIFA 2016で実際に触ってみるのが極めて困難な製品だったからだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。