「Infrastructure as Code」に失敗する人が見落としがちな“5つの課題”開発チームと運用チームの連携が鍵に(1/2 ページ)

あらゆる作用には同等かつ逆方向の反作用が働く。この法則は「Infrastructure as Code」(IaC)にも適用される。メリットを享受するために、対処すべき課題とは何か。

2016年10月03日 15時00分 公開
[Tom NolleTechTarget]

関連キーワード

DevOps | アプリケーション | 運用管理


画像 IaCのメリットを引き出すために対処すべきこととは

 インフラの構成や設定変更をプログラムで実行する「Infrastructure as Code」(IaC)は、ハイブリッドクラウドとマルチクラウドにおける管理の合理化を促す強力なツールになる。サーバやコンテナ、仮想マシン(VM)の導入と構成が自動化できるからだ。だがプロセスの非効率化や導入ミス、全体的な混乱を招く恐れもある。こうした課題にどう対処するかが、IaCの実装結果に関わる。

開発者と運用者の関係性が課題に

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...