2016年09月07日 09時00分 UPDATE
特集/連載

Infrastructure as Codeで変わる運用管理の現場【第2回】人気のOSS構成管理ツール「Chef」「Ansible」を比較 (1/2)

構成管理ツールを用いることのメリットは「手順書のコード化」である。特にメジャーなツール「Chef」と「Ansible」の特徴を比較する。

[堀内晨彦,著]

 第1回「いまさら聞けない『Infrastructure as Code』、一体どんなメリットが?」では、「Infrastructure as Code」(コードによるインフラの構成管理)の概要、実現するための技術やツールの基礎、「Immutable Infrastructure」(一度構築したサーバの構成を変更しないという考え方)との違い、業務に与えるメリットなどを説明した。第2回では、OSS(オープンソースソフトウェア)の構成管理ツールに焦点を当て、特にメジャーなツール「Chef」と「Ansible」の特徴を比較する。

構成管理ツールとは

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...