2016年09月07日 09時00分 公開
特集/連載

Infrastructure as Codeで変わる運用管理の現場【第2回】人気のOSS構成管理ツール「Chef」「Ansible」を比較 (1/2)

構成管理ツールを用いることのメリットは「手順書のコード化」である。特にメジャーなツール「Chef」と「Ansible」の特徴を比較する。

[堀内晨彦,著]

 第1回「いまさら聞けない『Infrastructure as Code』、一体どんなメリットが?」では、「Infrastructure as Code」(コードによるインフラの構成管理)の概要、実現するための技術やツールの基礎、「Immutable Infrastructure」(一度構築したサーバの構成を変更しないという考え方)との違い、業務に与えるメリットなどを説明した。第2回では、OSS(オープンソースソフトウェア)の構成管理ツールに焦点を当て、特にメジャーなツール「Chef」と「Ansible」の特徴を比較する。

構成管理ツールとは

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...

news127.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で飲食業経営者の6割が「このままでは事業継続困難」と回答――ショーケース調査
首都圏を中心とした飲食業界経営者に対して2020年3月26〜30日に実施した緊急アンケート調...