2016年11月09日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品ガイド3Dプリンティングの潜在的可能性を解き放つ

3Dプリンティングの始まりについて解説し、現在のイノベーションにスポットを当て、同技術が次にどこへ向かうかを予測する。

[Bernt Ostergaard,Computer Weekly]

 部品や製品そのものをオンデマンドで「印刷」するという概念は、製品の開発、製造、配送、メンテナンスの在り方を変革するかもしれない。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 人工知能(AI)の概念と同様に、3Dプリンティングの概念も何十年にもわたって誇大宣伝にさらされてきた。第三の産業社会の到来を予言する未来学者や、コーヒーメーカーほどの大きさの3Dプリンタを普及させて、あらゆる部品を家庭で印刷できるようにすると説くMaker Movement運動などが出現した。

 だが3Dプリンティングの現実にそれほどの華々しさはなく、この分野で黒字を出している企業はまだほとんどない。しかしあと5年ほどでその状況は変わる見通しだ。現在、この技術は投資家の多大な関心を集めて盛んに開発が進められている。

 売上高で見ると、3Dプリンティング業界はStratasys、3D Systems、Materialiseの3社が主導する。この3社は1980年代に設立され、今も業界で独占状態にある基本的な特許を開発してきた。

 Stratasysは熱溶解積層法(FDM)印刷の開発元で、この分野で初の10億ドル企業となり、規模も群を抜いて大きい。業務内容はCADソフトウェア、幅広いニーズに対応するプリンタや技術、コンサルティング、直接的な3D製造を網羅する。

 やはり米国を拠点とする3D Systemsは光造形(SLA)印刷の開発元で、事業は製品、材料、サービスの3分野を手掛ける。

 ベルギーのMaterialiseはバインダージェット技術を主導する企業で、事業内容は3Dプリンティングソフトウェア、医療、産業製造システムの3分野に分かれる。

 従来のプリンタメーカーも参入し、HP Inc.(以下HP)やリコーが3Dプリンタを投入している。

幅広い需要への対応

 3Dプリンティングは、依然としてコンシューマーを失望させる製品だ。

続きはComputer Weekly製品導入ガイドにて

本記事は抄訳版です。全文は、以下でダウンロード(無料)できます。


Computer Weekly日本語版 最近のバックナンバー

Computer Weekly日本語版 8月7日号 光無線技術Li-Fiが「アリ」な理由

Computer Weekly日本語版 7月17日号 ツールを使え!

Computer Weekly日本語版 7月3日号 本当に役に立つ人材の見つけ方


ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。