2017年02月14日 12時00分 公開
特集/連載

ワークフローアプリで複数アプリの統合インタフェースを構築、導入の勘所とは複雑なアプリは誰も望んでいない(1/2 ページ)

最適なワークフローアプリケーションを導入することで、ユーザーは業務を効率化でき、企業は時間と経費を節約することができる。だがうまく導入するには、押さえるべきポイントがある。

[Robert Sheldon,TechTarget]
従業員が日常的にする必須業務に対する考慮がなされていないツールは誰も欲しくはない

 従業員が望んでいるのは、仕事を簡略化するアプリケーションで、仕事を複雑にするアプリケーションではない。そのため、新しいワークフローアプリケーションを実装する前に、企業は実装するアプリケーションを使用する従業員について考慮しなければならない。

 ワークフローアプリケーションを採用すると、企業はさまざまな形で恩恵を受けることができる。一例を挙げると、最適なワークフローアプリケーションを導入することによって、従業員は効率的に仕事ができるようになり、企業は時間と経費を節約できるようになる。全体的には、従業員がアプリケーションにログインし、幾つもの機能をクリックして、各種インタフェースの間を行き来する操作に費やす時間が少なくなり、仕事に掛けられる時間が増える。

 ワークフローアプリケーションは、複数のアプリケーションの主要機能が単一のインタフェースに統合されている。そのため、従業員は単一のユーザーインタフェースを使用して日々のワークフローと合致するビジネスオペレーションを遂行できる。効果的なアプリケーションによって、ワークフローは強化または改善される。また一元管理された方法を提供して、ユーザーエクスペリエンスを単一機能のアプリケーションの範囲を超えたものへと拡張する。

ワークフローアプリケーションの導入

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...