特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
2017年03月14日 08時00分 公開
特集/連載

IoTの未来を台無しにするセキュリティ問題、なぜリスクが増大するのかコストとセキュリティはトレードオフの関係

IoT分野は成長の一途をたどっている。しかし、成長すればするほどセキュリティ問題も増えていく。今後どのようにIoTセキュリティを考えていけばいいのだろうか。

[Marc Wilczek,TechTarget]
2016年10月に大規模なDDoS攻撃を受けたDynのWebサイト《クリックで拡大》

 予測の範囲は大きく異なるものの、アナリストとベンダーの予測が完全に一致をしていることがある。それは、これから数年の間にネットワークに接続しているIoT(モノのインターネット)のデバイス台数が大幅に増えることだ。2020年までに増える予測範囲は200億〜500億台と幅広い。数値に対して控えめという表現が適切かどうかはさておき、Gartnerは200億台と控えめな予想を立てている。最終的な台数が何台になろうとも、その数が膨大であることに変わりはない。

 これは楽観的で出来過ぎた話であるように思えるかもしれない。だが影の側面もある。それは、セキュリティ問題と前代未聞のサイバー犯罪の脅威だ。場を盛り下げて、明るく輝かしいデジタル世界に向けた技術的な進歩を悪者扱いしたいと思う人はいないだろう。だが、この事実を公然と無視するのは、あまりにも稚拙な対応だ。

IoTの分野が成長すれば、セキュリティ問題が増えるという事実を受け入れよう

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...