2017年07月07日 12時00分 公開
特集/連載

Windows 10の最新セキュリティを脅かす「隠れたリスク」とは特選プレミアムコンテンツガイド

Windows 10は最新のセキュリティ機能を導入している。しかし、使う人間がミスを犯さないとは限らない。そして、長年にわたって標準ブラウザだったInternet Explorerにも危険が潜んでいる。そのリスクを回避する方法を考える。

[TechTargetジャパン]
Windows 10の最新セキュリティを脅かす「隠れたリスク」とは

 Windows 10では2要素認証やデータ保護機能などを導入してセキュリティ機能を大幅に強化した。しかし、OSがどんなに高レベルのセキュリティ機能を実装しても、その機能を適切に使うことができなければ、Windows 10はセキュリティリスクを抱えたままだ。

 Windows 10で導入した強力なセキュリティ機能を無駄にしないために、ユーザーも努力しなければならない。そのためには1つ1つは地味な作業だが、確実にこなすのが意外と面倒な対策を取る必要がある。

 Windows 10のセキュリティ機能強化を無駄にしかねない伏兵は他にもいる。長らくWindowsシリーズに付属するWebブラウザという地位にあり、今でも標準ブラウザとしてサポートするWebページや使用するユーザーが多い「Internet Explorer」もセキュリティリスクの一因となる。

 隠れたリスクを回避するためにユーザーとIT管理者は何をすべきか。その答えをTechTargetジャパンに掲載した記事で確認する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...