2017年10月08日 05時00分 公開
特集/連載

「2-in-1ノートはタブレットの代わりになるか」は愚問? 思い出したい “決定的な違い”2-in-1にあって、タブレットにないもの

2-in-1ノートPCはタブレットモードとノートPCモードの2つに切り替えられるのが特徴だ。だからといって本当に、2-in-1ノートPCはタブレットの代わりになるのだろうか。

[Charles P Jefferies,TechTarget]

関連キーワード

Surface Pro | Windows 9 | Surface | ビジネスPC


IdeaPad Yoga 13 2012年発売の初代360度回転式2-in-1、Lenovoの「IdeaPad Yoga 13」《クリックで拡大》

 2012年にMicrosoftが「Windows 8」をリリースしたことで、タッチ操作可能なデバイスが市場に現れ始めた。中でもLenovoの「IdeaPad Yoga 13」は、本当の意味で初の2-in-1ノートPCだった。このノートPCは360度回転する独特なヒンジを備え、ディスプレイと本体裏面を背中合わせにぴたりと閉じて、タブレットモードにできる。その後、Dellの記念碑的な2-in-1「XPS 12」など、他の企業も同様のコンセプトで追従するようになった。どの企業の考え方も、主にノートPCとして使用しながら、臨機応変にタブレットに切り替えられるデバイスを目指している。

 本稿では、最適なデバイスを購入できるよう、2-in1ノートPCを再評価する。具体的には、2-in-1ノートPCが実用的なタブレットの代わりになるかどうかに注目する。

 さらに、2-in-1ノートPCか、着脱可能キーボードを備えるタブレットかで迷っている場合は、TechTargetの記事「iPad、Surfaceで賛否両論 タブレットをノートPCとして使うべき理由、使うべきでない理由」も参考にされたい。

大きくて重い2-in-1ノートPC

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...