2017年11月29日 05時00分 公開
特集/連載

Amazon、Google、Microsoftの三つどもえが続くIaaSプロバイダー抗争に再び火を付けたクラウド“秒課金”モデル

2017年9月、Amazon、Microsoft、Googleがクラウド価格モデルを一斉に変更した。これにより、再びクラウド価格に注目が集まり、どのベンダーがユーザーに最高の価値を提供するかという議論が再燃した。

[Trevor Jones,TechTarget]

 最大手クラウドプロバイダーの顧客獲得戦略は、いつも価格競争に行き着く。数年前、Amazon、Microsoft、Googleの間で著名なクラウド価格競争が勃発したのはGoogleの「Google Cloud Platform」(GCP)が、ハイパースケール企業2社に対して低価格を武器に市場に参入したときだった。大げさな宣伝合戦や次々繰り広げられる議論の大半は沈静化したが、価格は下落を続けた。だが2017年8月、これらのベンダーがユーザーのコスト削減を目的にクラウド価格モデルを新たに増やしたことで、このクラウド価格競争が新たな局面に入った。

 他社を一歩リードしようとする戦いの新たなラウンドの口火を切ったのはAmazon Web Services(Amazon)の「Amazon Web Services」(AWS)だ。2017年9月第4週、Amazonはそれまでの1時間単位の課金を取りやめた。これは以前から待ち望まれていたことだが、GCPとMicrosoftの「Microsoft Azure」(Azure)で利用できる1分単位の課金に対抗するためだ。Amazonは、一気に1秒単位の課金へと踏み切った。だが結局、数日後にはGoogleがこれに追従することになる。Googleは当時、1時間単位で課金していたある無名のベンダー(暗にAWSを示唆)のユーザーに比べれば、自社の顧客がこの変更から受ける影響は少ないと感じると述べている。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...