2018年03月25日 05時00分 公開
特集/連載

作業者の安全性向上に大きな需要「ウェアラブルデバイスの普及は職場から」と専門家が明言する根拠 (2/2)

[George Thangadurai,TechTarget]
前のページへ 1|2       

回復力のある労働力の構築

 2017年7月、American Society of Safety Engineersによってコロラド州デンバーで開催された「Safety 2017」カンファレンスの話題の中心は、企業向けウェアラブルデバイスだった。

 ディスプレイ上に設置されたデバイスは、作業者の危険を減らし、生産性を向上するよう設計されているというもので、建設業界での利用を明確に想定していた。Occupational Safety and Hazard Administrationによれば、建設業界は世界でも最も危険な業務を行う業界の1つで、毎年米国の労働災害のほぼ4分の1を占めるという。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...