2018年03月25日 05時00分 公開
特集/連載

「ウェアラブルデバイスの普及は職場から」と専門家が明言する根拠作業者の安全性向上に大きな需要(2/2 ページ)

[George Thangadurai,TechTarget]
前のページへ 1|2       

回復力のある労働力の構築

 2017年7月、American Society of Safety Engineersによってコロラド州デンバーで開催された「Safety 2017」カンファレンスの話題の中心は、企業向けウェアラブルデバイスだった。

 ディスプレイ上に設置されたデバイスは、作業者の危険を減らし、生産性を向上するよう設計されているというもので、建設業界での利用を明確に想定していた。Occupational Safety and Hazard Administrationによれば、建設業界は世界でも最も危険な業務を行う業界の1つで、毎年米国の労働災害のほぼ4分の1を占めるという。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...