2018年07月31日 05時00分 公開
特集/連載

Kubernetesが再認識させた「アプリケーションパフォーマンス管理」(APM)の重要性注目の「AppDynamics for Kubernetes」とは

Kubernetesの時系列データを表示するダッシュボードと、IT自動化ツールに同期する監視アラートを導入し、「Prometheus」への要求水準を上げた2社の事例を紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]
画像

 「Prometheus」などの時系列データベースが、コンテナの早期導入企業の注目を集めている。アプリケーションパフォーマンス管理(APM)ツールのユーザー企業も、その使い慣れたツールに、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の監視オプションを組み込むようになっている。

 Kubernetesの詳細なメトリクス(監視データ)を求めるIT部門の中には、時系列データベースを自社製ダッシュボードやオープンソースダッシュボードに組み込んでいるところもある。APMツールも、こうしたデータの層を1カ所に集約し、相互に関連付けて表示し、アラートを発するようになってきた。

 企業はアナリティクスベンダーのNew Relicや、Cisco Systems傘下のAPMベンダーであるAppDynamicsが提供する最新のKubernetes監視ツールを手に取り、それらが管理しやすいユーザーインタフェースを備え、時系列データベースのアプローチと同程度に詳細なデータを提供することに気が付いた。New Relicは同社のインフラツールのパブリックβ版を2018年4月にリリースした。このツールは、Kubernetesの各ノードで実行するエージェントである「Kubelet」のAPIと、Kubernetesのアドオンである「kube-state-metrics」を利用して時系列データのダッシュボードビューを作成し、そのデータをアプリケーションに関係付ける。AppDynamicsも同社のKubernetes監視ツール「AppDynamics for Kubernetes」を2018年5月に一般公開した。このツールは、Cisco Systemsのインフラ自動化ソフトウェア「Cisco CloudCenter」のバージョン4.9を利用し、リソースの制約に応じて自動拡張機能を実行する。

Kubernetesの活用で従来型APMの限界が露呈

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...