2018年07月31日 05時00分 公開
特集/連載

Kubernetesが再認識させた「アプリケーションパフォーマンス管理」(APM)の重要性注目の「AppDynamics for Kubernetes」とは

Kubernetesの時系列データを表示するダッシュボードと、IT自動化ツールに同期する監視アラートを導入し、「Prometheus」への要求水準を上げた2社の事例を紹介する。

[Beth Pariseau,TechTarget]
画像

 「Prometheus」などの時系列データベースが、コンテナの早期導入企業の注目を集めている。アプリケーションパフォーマンス管理(APM)ツールのユーザー企業も、その使い慣れたツールに、コンテナオーケストレーションツール「Kubernetes」の監視オプションを組み込むようになっている。

 Kubernetesの詳細なメトリクス(監視データ)を求めるIT部門の中には、時系列データベースを自社製ダッシュボードやオープンソースダッシュボードに組み込んでいるところもある。APMツールも、こうしたデータの層を1カ所に集約し、相互に関連付けて表示し、アラートを発するようになってきた。

 企業はアナリティクスベンダーのNew Relicや、Cisco Systems傘下のAPMベンダーであるAppDynamicsが提供する最新のKubernetes監視ツールを手に取り、それらが管理しやすいユーザーインタフェースを備え、時系列データベースのアプローチと同程度に詳細なデータを提供することに気が付いた。New Relicは同社のインフラツールのパブリックβ版を2018年4月にリリースした。このツールは、Kubernetesの各ノードで実行するエージェントである「Kubelet」のAPIと、Kubernetesのアドオンである「kube-state-metrics」を利用して時系列データのダッシュボードビューを作成し、そのデータをアプリケーションに関係付ける。AppDynamicsも同社のKubernetes監視ツール「AppDynamics for Kubernetes」を2018年5月に一般公開した。このツールは、Cisco Systemsのインフラ自動化ソフトウェア「Cisco CloudCenter」のバージョン4.9を利用し、リソースの制約に応じて自動拡張機能を実行する。

Kubernetesの活用で従来型APMの限界が露呈

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...