2018年08月02日 05時00分 公開
特集/連載

コストを可視化するクラウド課金API、課題は?コスト削減につながるか

クラウドコンピューティングの請求額に驚かされたいと考える企業はない。プロバイダーはAPIや各種ツールを通じて、ユーザーのコストへの可視性を高めている。だが、課題も残る。

[Paul Korzeniowski,ITmedia]
クラウドのコストをどうやって透明化するか《クリックで拡大》

 パブリッククラウドベンダーが機能強化の重点をフロントエンドからバックエンドシステムに移すにつれ、ユーザーはクラウドサービスのコストに対する洞察をより得られるようになっている。それでも、ユーザーがクラウドコンピューティングの費用を隅々まで完全に把握するのは難しい。少なくともある程度の労力を費やさないと把握できない。

プロバイダーが提供するクラウド課金モデルへの可視性

 クラウドベンダーは、自社のサービスをユーザーが簡単に導入できるよう努力する。多くの場合、マウスを数回クリックするだけでワークロードを導入できる。ただし、リソースにオンデマンドでアクセスできるようになると、多くの企業にとってはコストの正確な追跡が難しくなる。

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...