2018年08月20日 05時00分 公開
特集/連載

「BIの未来は明るい?」 専門家が注目するBIのトレンドとはデータ分析はクラウドストレージと深く関わる

ビジネスインテリジェンス(BI)の将来についての関心は高い。だが、BIのカンファレンスで専門家が明らかにしたのは、BIの将来は予測できないというものだった。

[Mark Labbe,TechTarget]
画像 BIの未来は明るい?

 機械学習やクラウドストレージ管理のように急速に進化するテクノロジーのトレンドが、今後数年のBIに大きな役割を果たす。中でもクラウドコンピューティングの台頭が果たす役割は大きい。これが専門家の意見だ。

 現実にできることは、過去を分析し、現在に目を向け、トレンドに従い、次に何が起こる可能性があるかをほのめかすくらいが精いっぱいだ。これは、2018年6月後半に開催された「Real Business Intelligence 2018」の基調講演で研究者のエイミー・ウェブ氏と同じく研究者ハワード・ドレスナー氏が明確に示したポイントだ。

 最新のテクノロジートレンドを紹介するFuture Today Instituteの創立者兼CEOで、ニューヨーク大学経営大学院(New York University Stern School of Business)の教授も務めるウェブ氏によると、トレンドを見極めることは、芸術よりも科学が占める割合が高いという。

BIの中にAIを見る未来研究者

 ウェブ氏は未来研究者としてテクノロジーのトレンドについて企業や政府機関に助言している。同氏によれば、そうした助言は「データに基づいている」という。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...