「5D光学ストレージ」とは? 360TBのデータを138億年保存する仕組み人類のデータを未来に届けるストレージ

5D光学ストレージは、360TBのデータを138億年もの長期間保存できる見込みがあると研究者は話す。美術館や公文書保管所など膨大な情報を保存する組織には有用かもしれない。今後数世紀にわたって進化するだろう。

2018年09月01日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]
石英ディスク 世界人権宣言を記録した5D光学ストレージの石英ディスク

 英国サウサンプトン大学の研究者グループは2013年、溶融石英ガラスにテキストファイルのデジタルコピーを300KB格納できることを実証した。同グループはそれ以降も5D光学ストレージ技術の改良を続け、膨大な量のデータをアーカイブする可能性を示してきた。同時に、5Dデータストレージの商用化へ向けて少しずつ動いている。

 「5Dメモリクリスタル」とも称されるこの新しいストレージメディアは、超高速レーザーテクノロジーを使用して、複数のガラス層にデータをエンコードする。これにより、ストレージデバイスにはかつてなかった密度を実現している。5D光学ストレージは、他のメディアが苦しめられている環境因子の影響を受けず、数十億年にわたって持ちこたえられると期待されている。

5D光学ストレージとは

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...