2018年09月28日 05時00分 公開
特集/連載

「社内で7人のCEO候補者を確保」、企業が常に考えるべき後継者計画とは?企業の存続に関わる後継者問題(1/2 ページ)

企業や人事部のリーダーはなぜサクセッション(後継者)管理が大切なのか、企業や人事部のどの人員がサクセッション管理に関わる必要があるのかを知らなければならない。

[Diann Daniel,TechTarget]

関連キーワード

CEO | 社員教育 | 人事


画像 計画的に後継者を育てないと……

 団塊の世代が大量に退職を迎える。昇進を待つミレニアム世代のリーダーが不足することになる。さまざまな業界においてスキルを持つ人材不足が深刻になっているが、人材開発戦略に集中できている企業は多くない。結果、企業はサクセッションプラン(後継者計画)を最優先で実施せざるを得ない。企業内の準備が整うまでサクセッションプランの先延ばしをする余裕がないためだ。

 現在のビジネス環境において、このサクセッションプランという用語は「次期CEOまたは次世代の経営幹部の役職に向けた育成計画」という従来の見方よりもずっと広い意味で定義されている。

サクセッションプランの意味

 人材管理コンサルタント企業BPI groupでリーダーシップと人材育成部門を統括するマイケル・マクゴワン氏は「サクセッションプランというプロセスがあるからこそ、企業は継続的に採用活動を進め、人材のパイプラインを整えることができる」とは語った。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...