2018年10月16日 05時00分 公開
特集/連載

マイクロサービスや他のシステムにもアクセス制御を提供マイクロサービス対応「ADC」の新機能 企業のセキュリティ確保が可能に

ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)は、目新しいネットワークツールではないが、大幅に進化している。最新のADCに加わった幾つかの機能について、セキュリティ面を中心に解説する。

[John Burke,TechTarget]
photo

 クラウド対応のアーキテクチャやマイクロサービスを中心にIT環境のリファクタリングが進んでいる。そんな中DevOps向きで、コンテナ化されるマイクロADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)が軸となる2つの役割を担う。1つはロードバランサーとしての役割だ。ADCはトランザクション管理の核として、サービスへの要求を各ノードに配布し、パフォーマンスと回復性を確保できるようにする。もう1つは、マイクロサービスアーキテクチャ(MSA)へのゲートウェイと、一元化したコミュニケーションハブとしての役割だ。この役割では、ADCがサービスのセキュリティ確保に重要な役割を担う。

 ADCは、キートランザクションにおいて、ゲートウェイと汎用中継装置の両方になる。そのため、ADCは、アクセス制御ポイント、トランザクションのフィルターと検証機能、暗号化のオフロードポイント、ログエンジンの役割を果たし、セキュリティを提供する。

セキュリティなど、新たな機能を提供する最新のADC

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...