Windows 10向けセキュリティツールを「純正 VS. サードパーティー」で比較するパッチ管理、暗号化、ファイアウォール

「Windows 10」向けにさまざまなサードパーティー製セキュリティツールがある。パッチ管理機能やファイアウォール機能など、あえてMicrosoftツール以外を検討することで見えてくるメリットもある。

2018年10月27日 05時00分 公開
[John PowersTechTargetジャパン]

 Microsoftが提供する「Windows Defender」や「Windows Information Protection」などのツールやユーティリティーだけで十分な場合もある一方、カスタマイズ性を高め、機能を補強するためにサードパーティー製セキュリティツールの導入が必要となる場合もある。

 企業のIT担当者は、Microsoft以外のベンダーが提供する「Windows 10」向けセキュリティツールの機能が、Windows 10標準搭載のセキュリティ機能とどう異なり、どのような役割を果たすのか知っておこう。

パッチ管理

ITmedia マーケティング新着記事

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...

news182.jpg

モバイルゲームの最新トレンド 「ハイブリッドカジュアル」はなぜ好調なのか?
AdjustとAppLovinは共同で、モバイルビジネスとしてのモバイルゲームの最新トレンドやデ...

news076.jpg

「AIインフルエンサー」をZ世代はどう評価しているのか?
消費者にとってインフルエンサーは依然として重要だが、インフルエンサーに何を期待する...