2018年10月27日 05時00分 公開
特集/連載

パッチ管理、暗号化、ファイアウォールWindows 10向けセキュリティツールを「純正 VS. サードパーティー」で比較する

「Windows 10」向けにさまざまなサードパーティー製セキュリティツールがある。パッチ管理機能やファイアウォール機能など、あえてMicrosoftツール以外を検討することで見えてくるメリットもある。

[John Powers,TechTargetジャパン]

 Microsoftが提供する「Windows Defender」や「Windows Information Protection」などのツールやユーティリティーだけで十分な場合もある一方、カスタマイズ性を高め、機能を補強するためにサードパーティー製セキュリティツールの導入が必要となる場合もある。

 企業のIT担当者は、Microsoft以外のベンダーが提供する「Windows 10」向けセキュリティツールの機能が、Windows 10標準搭載のセキュリティ機能とどう異なり、どのような役割を果たすのか知っておこう。

パッチ管理

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。