2018年11月30日 09時00分 公開
特集/連載

「Microsoft Azure」の“AWS超え”なるか 関連製品を一気に拡充へ高まるAzureの重要性

Microsoftが「Microsoft Azure」関連の製品/サービスの充実を急いでいる。クラウドを将来の中枢に据え、クラウド市場の最大のライバルAmazon Web Servicesに対抗しようとする同社の姿勢が垣間見える。

[Ed Scannell,TechTarget]
画像

 Microsoftは、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」の機能を活用した、多数の製品やサービスを公開した。Azureを同社の主要戦略を支える原動力にする構えだ。このことは、最大のライバルAmazon Web Services(AWS)に真っ向から対抗することを意味する。

 2018年9月後半に米フロリダ州オーランドで開催した「Microsoft Ignite 2018」で、Microsoftは70種類以上の製品/サービスを公開した。テクニカルプレビュー版から現製品の強化版まで多岐にわたり、機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術が組み込まれていたり、Azureと連携したりする製品/サービスも少なくない。

 「こうした動きは、AzureがMicrosoftの未来を意味し、AWSのあらゆるビジネスへの対抗馬としての位置付けを得たことを示す」。こう話すのは、調査会社Forrester Researchのバイスプレジデント兼プリンシパルアナリストを務めるデイブ・バルトレッティー氏だ。

 Microsoftが戦略構想の中枢にAzureを据えたのは、驚くことではない。ここ数年、同社は「クラウドファースト」の旗の下、あらゆる中核製品のクラウド版を提供する取り組みを続けている。現在、クラウド分野に関して同社の最大のライバルとなるのがAWSだ。「MicrosoftはAzureに全力を傾けるべきだ。同社の戦略には今のところAzureが欠かせない」。調査会社451 Researchでリサーチアナリストを務めるカール・ブルック氏は、こう語る。

「Windows Server」「Azure Stack」を強化

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。

news045.jpg

「ファッションテック」から「3密回避」まで データによる価値創造と課題解決の考え方
気象データを活用してファッションコーデを提案するサービスをデジタルエージェンシーの...

news153.jpg

脳波計測で判明 Twitterを使いながら番組を見る人は満足度が高い――Twitter Japan調査
脳波を活用した感性把握技術を活用して「テレビとTwitter」の関係について分析しています。