2018年11月30日 09時00分 公開
特集/連載

「Microsoft Azure」の“AWS超え”なるか 関連製品を一気に拡充へ高まるAzureの重要性

Microsoftが「Microsoft Azure」関連の製品/サービスの充実を急いでいる。クラウドを将来の中枢に据え、クラウド市場の最大のライバルAmazon Web Servicesに対抗しようとする同社の姿勢が垣間見える。

[Ed Scannell,TechTarget]
画像

 Microsoftは、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」の機能を活用した、多数の製品やサービスを公開した。Azureを同社の主要戦略を支える原動力にする構えだ。このことは、最大のライバルAmazon Web Services(AWS)に真っ向から対抗することを意味する。

 2018年9月後半に米フロリダ州オーランドで開催した「Microsoft Ignite 2018」で、Microsoftは70種類以上の製品/サービスを公開した。テクニカルプレビュー版から現製品の強化版まで多岐にわたり、機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術が組み込まれていたり、Azureと連携したりする製品/サービスも少なくない。

 「こうした動きは、AzureがMicrosoftの未来を意味し、AWSのあらゆるビジネスへの対抗馬としての位置付けを得たことを示す」。こう話すのは、調査会社Forrester Researchのバイスプレジデント兼プリンシパルアナリストを務めるデイブ・バルトレッティー氏だ。

 Microsoftが戦略構想の中枢にAzureを据えたのは、驚くことではない。ここ数年、同社は「クラウドファースト」の旗の下、あらゆる中核製品のクラウド版を提供する取り組みを続けている。現在、クラウド分野に関して同社の最大のライバルとなるのがAWSだ。「MicrosoftはAzureに全力を傾けるべきだ。同社の戦略には今のところAzureが欠かせない」。調査会社451 Researchでリサーチアナリストを務めるカール・ブルック氏は、こう語る。

「Windows Server」「Azure Stack」を強化

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...