2018年12月12日 05時00分 公開
特集/連載

ITILは「終わっていない」ITIL第一人者に聞く 「ITIL 4に期待できるもの」とは何か (1/3)

ITILはITサービスマネジメント(ITSM)のフレームワークだ。2019年初めに最新バージョンである「ITIL 4」がリリースされるが、この新たなバージョンにCIOが期待できることは何だろうか?

[Linda Tucci,TechTarget]

関連キーワード

ITIL | CIO | コミュニティー


画像 「CIOに活用してほしい」ITIL 4の価値とは

 デイビッド・ラトクリフ氏は、業界でも有数のITSM専門家といわれている。同氏は、トレーニングコンサルタント企業のPink Elephantの共同設立者で社長を務めている。ITILフレームワークの最初のバージョンに関与し、1997年には、北米初のITIL基礎コースで教べんをとった。今回のITILの最新更新には直接携わっていないが、計画には参加しており、改訂についての説明を受けている。

 ラトクリフ氏は、ITILの前バージョンで不足していた点をしっかりと評価し、最新バージョンの「ITIL 4」は飛躍的に前進した、と評している。ITIL 4は、手引きとなるガイダンスの他に、IT部門のリーダーに必要なことを重点にしている。IT部門はテクノロジーやビジネスに関するとてつもなく大きな変化のときを迎えているためだ。

ITIL 4とITIL 3の違いは

画像 デイビッド・ラトクリフ氏

デイビッド・ラトクリフ氏(以下、ラトクリフ氏):ITIL 3の問題点は主にコンテキスト(ルール)と応用にあった。それはバージョン3だから問題だったわけではない。ITILの知的財産を管理する組織Axelosが『ITIL Practitioner Guidance』(ITILプラクショナガイダンス)という書籍を発行した数年前までは、ITILはプロセスとアクティビティーを中心に指導していた。コンテキストと応用に関する優先度が低かったのだ。

 それまでの約20年間に大きく欠けていたのは、ITILのワークフローの応用についてだ。ITILプロセスの導入方法や、作業方法に合致するツールの構築方法、ITILに合わせて人々の働き方を変える方法が欠けていた。

 実は、最初の数年でこの課題には気付いていた。だが、実際にITILに手引きとなるガイダンスを補完できていなかった。ITIL 4では、この点が大きく前進している。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...