2019年01月23日 05時00分 公開
特集/連載

低品質データのクレンジングにRPA型botを投入すべき理由レガシーデータを自動で整理

データのクリーニングに問題はないだろうか。本稿では現在データを取り巻く状況を明らかにする。ビジネスプロセス改善の専門家とそのチームによる、データクレンジングにRPA型botを使う実験も紹介する。

[Dan Morris,TechTarget]

関連キーワード

データ統合 | データベース | 品質管理


photo

 データは至る所にあり、不足することはない。しかし信頼できるデータはどれほどあるだろう。優れたデータの場所を把握しているだろうか。そして利用可能なデータの品質を高めるために、何ができるだろうか。

 レガシーアプリケーションの大半は、部分的なビジネスのプロセスを実行するために構築されている。大規模なエンドツーエンドのプロセスをサポートするためではない。レガシーアプリケーションは、多くの場合個別に動作するよう設計されている。相互に連携できるアプリケーション間をデータが移動する場合でも、そのフローやデータの品質管理についてはほとんど考慮されなかった。その結果アプリケーションやアプリケーション群が扱うデータは、それぞれ独自のデータとして機能することになる。

 これらのアプリケーションは、特定の用途で使用するときに最良の選択肢だと考えられていた。企業は自社のビジネスとの適合性を基準に、アプリケーションの購入や構築を決めていた。

 システムごとに独自のデータモデルが用意され、データを共有するために複雑なインタフェースが構築された。データが頻繁に更新されることを考えると、これらのインタフェースや、アプリケーション間を移動するデータを最新に保つことが問題になる。さらにデータの編集方法もアプリケーションごとに異なる。各アプリケーションの形式に準拠するためのデータ変換が必要かどうかについても考えなければならない。更にこれらのレガシーアプリケーションの多くが導入時から大幅にカスタマイズされたため、当初のドキュメントは価値がなくなっていく。このような変化を経て、データ品質は良好とはいえなくなった。

時代の変化に後れを取るデータ管理

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...