2019年03月14日 05時00分 公開
特集/連載

NVMe over Fibre Channel以外の選択肢は? NVMeファブリックの今後はどうなる専門家はFCを選ぶ?

NVMe over Fabricsの行く末はどうなるだろう。RDMAが注目だが、ストレージの専門家は引き続きファイバーチャネルを選ぶだろう。

[Howard Marks,TechTarget]
画像 ファブリックに何を選ぶ?

 「NVMe over Fabrics」(NVMe-oF)を導入する場合、NVMeの接続方式(ファブリック)には幾つか選択がある。ストレージ専門家によく知られたファイバーチャネルネットワークを使用する「NVMe over Fibre Channel」の他に「RDMA over Converged Ethernet」(RoCE)や「Internet Wide Area RDMA Protocol」(iWARP)などリモートダイレクトメモリアクセス(RDMA)を利用するものがある。

 NVMeはデータセンターなどの非常に高いパフォーマンスが求められる場所で利用され、一般的には専用ハードウェアが必要になる。専用のネットワークインタフェースカード(NIC)やホストバスアダプター(HBA)が不要なため、企業はDellの「PowerMax」やNetAppの「All-Flash FAS」などのアレイにファイバーチャネル(FC)経由でNVMe型ストレージにアクセスするだろう。

RDMAに注目

 信頼性の高いRoCEやiWARPは、理論上、特殊な構成がなくても利用できる。だが、RoCEのベンダーはいまだに、ユーザーがプライオリティフロー制御(PFC)と明示的輻輳(ふくそう)通知(ECN)を有効にして「パケットの取りこぼしを減らす」ことを勧めている。PFCとECNを有効にするには、幾つか構成作業が必要になる。

 RDMAによる処理分散(オフロード)は、遅延やCPU使用率を減らす。

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディン...

news057.jpg

東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。