2019年04月02日 05時00分 公開
特集/連載

「RPA」で社員を本当に幸せにするには? 自動化歴10年の企業が語る事例でRPAの導入効果を確認

企業はRPA導入で解決すべき業務課題をどのように特定しているのか。RPA導入を担当するIT部門と事業部門の連携の方法は。RPA導入を経験した企業幹部の話を基に、これらの疑問を解き明かす。

[Kassidy Kelley,TechTarget]
photo

 人事(HR)およびITビジネスプロセスのアウトソーシング事業を展開するOneSource Virtualは最近、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)ベンダーAutomation Anywhereが提供する新たなタイプのbotのβ顧客になった。Automation Anywhereが「Digital Workers」と呼ぶこのbotは、業務の自動化というより、さまざまなビジネスプロセスで人間の能力を補うことを狙いとする。

 本稿では、人間とbotが混在する労働力を管理した経験について、OneSource Virtualのマーケティング部門でシニアバイスプレジデントを務めるケイ・グリービー氏に話を聞いた。グリービー氏によると、同社は自動化に関して10年以上の実績を持つ。

―― OneSource VirtualがDigital Workersを導入するときに取ったアプローチを教えてください。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...