2019年05月11日 05時00分 公開
特集/連載

意外な共通点を紹介出会い系アプリに学ぶ、社内コラボツールのAI活用「3つのヒント」

企業向けコラボレーションツールが参考にしている意外な分野が出会い系アプリケーションだ。機械学習を活用した相性分析やコミュニケーション手法の長い実績があるからだという。

[Kathleen Walch,TechTarget]
画像

 人には他者と対話する能力がある。だがコミュニケーションや人間関係がいつでもうまくいくわけではない。機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術は、私的な人間関係と職場での人間関係のどちらにも効果を発揮する。

 昨今のビジネスの世界では、実際に会って話をする機会がない場合もある。そうした中で、社内あるいは会社間のやりとりや、さまざまな性格の人同士のコミュニケーションを円滑に進めるため、AIを用いたコラボレーションツールの活用が進んでいる。これまで出会い系アプリケーションや婚活サービスで培われてきた手法に企業が注目し、職場でのコミュニケーションや人間関係の向上に役立てようとする動きがある。

共通点その1:相性の良い組み合わせを探す

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。