2019年05月23日 05時00分 公開
特集/連載

得られるメリットはコストに見合うか「マルチクラウドバックアップ」は本当に必須なのか?

バックアップ/リカバリー対策のために複数のクラウドにバックアップすることは、これまでとは異なったメリットをもたらす。ただしデータ保護という別の観点からは、それほど有益ではない可能性もある。

[Nick Cavalancia,TechTarget]
画像

 複数ベンダーの製品を組み合わせて利用するマルチベンダーの価値を認識している企業は少なくない。マルチベンダーのアプローチを採用することにより、1つの問題に対して幾つかの異なったアプローチが可能になり、単一ベンダーへの依存状態に由来する問題を回避することもできる。

 バックアップベンダーは、複数ベンダーのクラウドの利用が可能なことを強調している。そもそも、こうしたマルチクラウドバックアップは本当に必要であり有益なのだろうか。

 この問題について幾つかの観点から考察する。

バックアップ

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

ブランドにとってのTwitterの価値は「オーディエンス」 『カメ止め』女優や経沢香保子氏らが語る
映画『カメラを止めるな!』に出演した女優しゅはまはるみ氏、アーティスト和田永氏、キ...

news044.jpg

世界の顧客満足度は下降傾向に――Zendesk調査
Zendeskの「カスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版」より。

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。