「マルチクラウドバックアップ」は本当に必須なのか?得られるメリットはコストに見合うか

バックアップ/リカバリー対策のために複数のクラウドにバックアップすることは、これまでとは異なったメリットをもたらす。ただしデータ保護という別の観点からは、それほど有益ではない可能性もある。

2019年05月23日 05時00分 公開
[Nick CavalanciaTechTarget]
画像

 複数ベンダーの製品を組み合わせて利用するマルチベンダーの価値を認識している企業は少なくない。マルチベンダーのアプローチを採用することにより、1つの問題に対して幾つかの異なったアプローチが可能になり、単一ベンダーへの依存状態に由来する問題を回避することもできる。

 バックアップベンダーは、複数ベンダーのクラウドの利用が可能なことを強調している。そもそも、こうしたマルチクラウドバックアップは本当に必要であり有益なのだろうか。

 この問題について幾つかの観点から考察する。

バックアップ

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。