2019年07月09日 05時00分 公開
特集/連載

温故知新の医薬品開発が進むか「AI」を創薬と疾患特定に生かす医薬品業界、既存薬の新たな薬効も見つかる?

臨床試験や創薬など、医薬品製造における人工知能(AI)技術の利用が進んでいる。制度面での障壁はあるとしても、製薬会社はAI技術による新薬開発のプロセス短縮化を期待している。

[Kathleen Walch,TechTarget]
画像

 医薬品業界は、創薬や医薬品の製造、標的を絞った臨床試験、個別化医療などの分野に人工知能(AI)技術を導入している。こうした分野はほんの一例にすぎない。AI技術が実現する未来は、標的を絞り、より個別化した適切な医療を全体的かつ迅速に提供する社会だ。

 データへのアクセスが非常に多い医薬品業界では、機械学習をはじめとするAI技術を応用できる可能性が非常に高いといえる。

 医薬品業界に属する企業はAI技術を利用して、診断法や治療法を研究開発している。AI技術をビッグデータや分析技術と組み合わせると、発病前に病気を見つけ、予防するのに役立つ。AIツールを利用して患者のデータを詳しく調べることで、健康問題につながる恐れのある兆候を示すパターンを特定できる。実際、臨床試験や研究では、糖尿病やアルツハイマー病などの病気の兆候を早期検出する従来の医療行為と変わらないほどの水準で、AIツールが役立つことが示されている。

 企業はAI技術を利用すれば、遺伝子情報やソーシャルメディアの情報、治療法のエビデンス(科学的根拠)など、以前よりも広範なデータを利用して、臨床試験の設計や臨床試験対象者の特定に効果が高い方法を作り出せる。これにより研究者はこれまで以上に広範なデータセットを検索できるため、臨床試験の対象になる患者を探し出す時間が短縮されるだろう。その結果、標的をより絞り込んだ臨床試験を、費用を抑えて迅速に実施できるようになる。

疾患特定に役立つAI

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...